広島の地域の情報|広島の婚活パーティーならエクシオ

広島の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

広島の地域の情報

> 広島の地域の情報

広島での地域のイベント情報や、サイトの最新情報等を随時お伝えします。

[1]  «前  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |    次»  [40]

2019/3/18(月)

吉村芳生 超絶技巧を超えて

本展では、圧倒的な細密描写で注目を集める山口県出身の画家・吉村芳生を紹介。
鉛筆を使ってひと文字ずつ描き写された新聞の一面、1年間の自分の顔をひたすらに描き続けた365枚の自画像など、途方もない時間と気の遠くなるような作業の集積によって、「超絶技巧」を超えた独自の作品を描き出しています。
初期のモノクロームによる「ドローイング 写真」シリーズや、代表的なシリーズとなる「新聞と自画像」の一連の作品、色鉛筆によって克明に描きこまれたコスモス畑やフジの花など、代表作を含むおよそ60件を一挙に公開しています。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:奥田元宋・小由女美術館 (広島県三次市東酒屋町10453-6)
開催日:~ 4月7日(日)
開催時間:9:30~17:00 最終入館16:30 (3月21日(祝)は21:00まで) 最終入館20:30

2019/3/11(月)

tupera tupera 絵本の世界展

『やさいさん』『しろくまのパンツ』『パンダ銭湯』といった人気絵本を次々に生み出している話題の作家tupera tupera(ツペラツペラ)の展覧会です。
本展では、代表作である絵本の原画を中心に多様な活動を紹介しています。
また、等身大の「しろくま」のオブジェや「パンダ銭湯」のセットなど、絵本の世界を3次元化したようなドキドキとワクワクがとまらない展示空間も大人でも楽しめますよ。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:ふくやま美術館 (広島県福山市西町2-4-3)
開催日:~3月24日(日)
開催時間:9:30~17:00
駐車場:68台 最初の60分は150円/30分、以降100円/30分(8:00~22:00)、100円/60分(22:00~翌8:00)

2019/3/4(月)

リアル脱出ゲーム at みろくの里

これまで2万人以上が参加した大人気イベントで、2018年9月に大阪公演を皮切りに始まった『夜の巨大監獄からの脱出』をみろくの里で体験できます。
イベントでは参加者が囚人となって「巨大監獄」となった閉園後の遊園地からの脱出を目指ていきます。
制限時間は60分。制限内に無事脱出できるか、わくわくドキドキの体験を楽しめますよ。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:みろくの里(広島県福山市藤江町638-1 )
開催日:3月9日(土)・10日(日)
開催時間:17:30オープン、18:15スタート
※ 要予約 /予約方法:事前にチケット(前売券)購入が必要 ※購入詳細は公式ホームページを参照してください
駐車場:1000台 無料

2019/2/25(月)

第18回 絵のまち尾道四季展

1983(昭和58)年に第1回目を実施以来、隔年開催を続けて30年を越え、今回で18回目となる展覧会です。
尾道賞(グランプリ)をはじめ、入賞・秀作作品は尾道市立美術館に、入選作品は市内商店街などへ展示しています。
様々な人の感性で捉えられた、新鮮で魅力溢れる尾道をたっぷり鑑賞できますよ。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:尾道市立美術館 (広島県尾道市西土堂町17-19)
開催日:~3月10日(日)
開催時間:9:00~17:00 (最終入館16:30 )

2019/2/18(月)

チームラボ 広島城 光の祭

2019年の広島藩主浅野長晟が広島城に入城して400年を迎え、街の象徴である広島城を人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変身させるイベントを開催しています。
国の史跡に指定されている広島城の城壁や中庭にプロジェクションマッピングや人の動きで光り方や色を変化させるインスタレーションを施して、来場者が参加できるアート空間を演出しています。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:広島城 (広島県広島市中区基町21-1)
開催日:~4月7日(日)
開催時間:18:30~21:30、最終入場21:00

2019/2/11(月)

白龍湖観光農園 いちご狩り

白龍湖観光農園のハウスは全6棟あって、紅ほっぺ、あきひめ、かおりの、おいCベリー、レッドパール、恋みのり、とちおとめの7品種合わせて約1万5000株を栽培しています。

いちご狩りは40分間の食べ放題。高設栽培なので、立ったまま楽しめます。
季節によって、いちご狩りの料金は変わるので、出かける前に公式サイト(http://hakuryuko.net/)を確認したほうがよろしいかと思います。
予約はとくになくて、先着順となっています。

お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:白龍湖観光農園 (広島県三原市大和町大草398)
開催日:5月中旬まで
開催時間:9:00~17:00 最終受付16:00 (※熟したいちごがなくなり次第終了)
駐車場:無料

2019/2/4(月)

冬咲きぼたん展

備北丘陵公園では 公園内の「ひばの里 さとやま屋敷」で、冬に咲くように開花時期を調整した冬ぼたんの花鉢を鑑賞できます。
とても味わいある屋敷で、色の少ない冬に咲いた 色鮮やかな冬ぼたんを堪能できます。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:国営備北丘陵公園 (広島県庄原市三日市町4-10)
開催日:~2月24日(日)
開催時間:9:30~16:30 最終入園15:30
駐車場:2500台 普通自動車310円

2019/1/28(月)

シャルル=フランソワ・ドービニー展

ひろしま美術館では、バルビゾン派の画家として知られる、シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-78)を紹介しています。
ドービニーはひろしま美術館の所蔵作品を代表するゴッホ「ドービニーの庭」に描かれた邸宅と庭の主であり、ゴッホが敬愛した風景画家で、バルビゾン村以外にもノルマンディー地方やオワ―ズ川の周辺を数多く描きました。
そして、ゴッホが最期を迎えたオーヴェール=シュル=オワーズを拠点に活動しました。
本展は、ドービニーの日本で初めての本格的な展覧会で、国内外の所蔵作品を中心に油彩画、版画、水彩画、資料など約90点を展示しています。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:ひろしま美術館 (広島県広島市中区基町3-2)
開催日:~3月24日(日)
開催時間:9:00~17:00 最終入館16:30  金曜は19:00まで 最終入館18:30
駐車場:5台 (無料)

2019/1/21(月)

学芸員のおススメ PART3

一昨年6月に開催し、好評だった企画展の第3弾です。
広島城に収蔵している貴重な資料には、いろいろな理由で普段なかなか展示できていないものも多く存在します。そこで本展では、これらの資料の中から、企画展・常設展示で紹介されることの少ない収蔵資料や初公開新着資料などを展示しています。
また、会期中の日祝には、学芸員が見どころを案内する展示ガイドも開催されています(観覧料が必要です)。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:広島城 (広島県広島市中区基町21-1)
開催日:~2月11日(祝)
開催時間:9:00~17:00 最終入館16:30 展示ガイド(日・祝のみ) 11:00~、14:00~

2019/1/14(月)

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)を紹介しています。
出世作となった「牛乳石鹸モンサヴォン」が認められたのが41歳。ポスター作家としての出発は決して早くはなかったものの、シンプルな造形とあざやかな色彩、ユーモアに満ちた表現で、瞬時に人の心を射抜きました。彼のスタイルは、第二次世界大戦後、フランスにおけるポスターの伝統を一新しました。
世に出た以降はダンロップ、ミシュラン、シトロエンほかヨーロッパの錚々たる企業のビジュアル広告を次々と手がけて、日本企業の広告も制作。
本展では、縦3メートル以上に及ぶ迫力の大型ポスターから、ポスターが並ぶ当時の風景写真、貴重な原画や資料まで、約200点を展示。ユーモアとエスプリあふれる作風でパリの街角を彩ったサヴィニャックの世界を堪能できますよ。
お時間があれば、足を運ばれてはいかがでしょうか?

開催場所:広島県立美術館 (広島県広島市中区上幟町2-22)
開催日:~ 2月11日(月)
開催時間:9:00~17:00 最終入場16:30/金曜9:00~19:00 最終入場18:30

[1]  «前  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |    次»  [40]

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.